男性

工事現場に合わせて建築シートを選ぶ|生地の種類や効果を把握する

工事現場の必須アイテム

土嚢

建築現場や災害が発生したときは、土のう袋を使用することがあります。大事な住宅や建設中の建物内に水の浸入を最小限に食い止めることができます。また、水道工事やガス工事、さらに土木工事の現場でも使用されています。また、運動場や史跡遺跡、地下室などでは除水をする目的で使用されることもあります。住宅や店舗だけでなく、様々な施設や場所を水害から守るために活躍しています。

通常、土のう袋を作るときは大量の土を掘り起こさなくてはいけません。そして掘り起こした土を袋の中に詰め込んでいきます。詰め込んだ袋は土が流出しないようにしっかりと梱包作業をします。これで1つ完成です。これだけの工程で1つしか完成させることができません。沢山の土のう袋を短時間で作るのはとても困難でしょう。ですが、最近は非常に便利な商品が販売されています。

災害時、土のう袋が必要になった場合でもすぐに、沢山用意することができる商品です。使用前はたった400gの袋が水を含むことで短時間で20kg以上の土のう袋に早変わりすることができる商品です。これにより簡単に土のう袋を用意することが可能になりました。また使用前の袋を管理することも簡単です。使用前は400gの軽い袋で5年間の保証期間がついています。そのために保管するスペースも小さくてすみますし、長期間の保管ができるようになりました。建築現場や工事現場では、多くの土のう袋を使用するので、作業を効率良く行なうためにも、水を吸収して大きくなるタイプを土のう袋を購入した方が良いでしょう。