男女

工事現場に合わせて建築シートを選ぶ|生地の種類や効果を把握する

豊富な生地の種類

工事

工事現場で様々な役割を果たしている建築シートは、現在では使用していない企業はないくらい一般的になっています。工事現場で活用することで、デッドスペースを活用して、企業の宣伝をすることができます。シートに社名や自社のロゴマークを記載することで、不特定多数の人が見てくれるでしょう。なぜなら工事をする期間は長く、いろんな歩行者やドライバーが目にしやすい場所に設置するからです。簡単に自社の宣伝ができるツールになっています。

多くの企業が使用している建築シートは、現在ではいろんな生地でできたものがあります。工事の種類や用途に合わせて、生地の種類も変更すると良いでしょう。建築シートの中で1番一般的で業者もおすすめしている生地は、防炎二類ターポリンです。多くの建築シートに採用されている生地なので、目にしたことがある人も多くいるでしょう。コチラは耐久性があるので、長期間の建築工事に最適な生地です。雨や風にも耐えることができる耐久性を持っています。テント生地とも呼ばれることもあります。

強風が吹き荒れる場所では防炎二類ターポリンは不向きです。強風を受け止めてしまうので危険な状況になるかもしれません。ですから強風が吹き荒れる場所の建築シートは、防炎一種メッシュターポリンがオススメです。メッシュ素材で出来ている生地なので、風を通すことができます。メッシュで、その分軽いので設置をするのも、運搬するのも楽にできるでしょう。

安全性と衛生面の確保

工事現場

建築工事は長期間かかるでしょう。その期間を有効的に広告や宣伝に利用できるのがイメージシートです。さらにメリットはあります。現場で起こる事故を防いで、周辺の環境を汚すこと防ぐ役割もします。

» 詳細へ

工事現場の必須アイテム

土嚢

水による災害が発生したときや、建築現場では土のう袋が必要です。ですが手作業で作るのは時間も手間もかかるために、水を吸収したら簡単に大きくなるタイプを購入しましょう。400gの袋が短時間で20kg以上に変化します。

» 詳細へ

工事を計画より早く完了

工事

建築現場や工事現場では高い場所で作業をすることもあります。その時に必要な足場はレンタルすることもできます。足場を安くレンタルすることでコストを抑えて、工事を早く完了することができるかもしれません。

» 詳細へ